札幌市北区(麻生)の本格和食居酒屋 『旬肴旨酒kitchen 和kyo』
旬肴旨酒kitchen 和kyo
ブログ

2010 年 9 月 9 日 のアーカイブ

2010 年 9 月 9 日 木曜日

 カラスミ

急に秋っぽくなってきたと思えば

また暖かい・・・・風邪ひくっちゅうねん(-_-;)

まあ、それでも秋晴れは清々しさがあって良いデスね

おかげさまで

満員御礼を頂き有難うございました

?さらになんと

プリ店ブログも更新!

急にどうしたんだ?

O瀧さんの影響か?(笑)



さてさて

皆様日本3大珍味ってご存知?

ウニ、コノワタ

そしてもう一つがこちら!



からすみでゴザイマス

漢字で書くと由来が解りやすいんですよ

「唐墨」

ようは中国の「唐」の時代の墨の形に似ている所から

名前が付いたんです

一般的な唐墨は

「ぼら」の卵巣で作るんですが

メタ長が神楽坂で働いていたころ

秋になると

そこらぢゅうに唐墨が干されてましたね

う~ん懐かしい

なんせ神楽坂は老舗料亭の多い街でしたからね

どこのお店も

こぞって手作りするわけです

神楽坂ってのは、その名の通り坂でして

坂を中心に両サイドに飲食店や老舗の菓子や

商店等が広がる風情あふれる街でした

JRで出勤していたんですが

坂のてっぺんの店にたどり着くまで

坂をのぼるわけです

結構、急な坂でして朝一でのぼるのは厳しい

しかも店にたどり着いてしまうと

恐怖の板長が待っているわけですから

溜め息付きながらのぼってました

怒られる為に坂登してるような気分・・・・

結局坂を登り切り

急いでしたくして

仕込みに入って一時間くらいすると

恐怖の板長が出勤してきます

それはまるで

スターウォーズのダースベーダーが

登場してくる時の威圧感(T_T)

挨拶をして、顔色チェック

機嫌が良いか、悪いかで

その日の行動が変わって来ますからね

そんな板長からの携帯着信音は設定

もちろん「ダースベーダーのテーマ」

休みに掛かってくる電話が

コワくて怖くて仕方ありませんでしたね

掛かってくるときは大抵怒ってるときでして

休み前にした自分の仕込みを怒られるわけです



あ~~~思い出しただけでもぞっとする(@_@;)



・・・・・・・・・・・・・・・・話ソレ過ぎたな(@_@;)



まあ

今回紹介したのは手作りでは、ありませんが

今年は仕込も~~かな~と思っております



唐墨と言えば

大根に挟んでの酒肴が有名ですが

味のアクセント

食感のアクセントなんかに使えば

目先が変わった食べ方ができて

面白いですよ(^◇^)



・レタスと唐墨のサラダ・・・・・・・・・・・・520円